風の通りすぎる場所@あおいベーカリー

自家製酵母のパン工房「風の通りすぎる場所@あおいベーカリー」に関するお知らせと、何気ない日常を綴っています。

日々の徒然

年末の怒涛週間終了~

昨日で、怒涛の(?)年末営業が終わった。 毎年、木曜日にクグロフをまとめて焼いているので、そこでつまづくと後の3日間で疲労困憊を背負ったままの営業となるのだが、今年は何とか「疲労」程度を背負うくらいで乗り切ることができた。 ちなみに去年は、…

モミジ一葉

昨夜7時半ごろ、いきなりドーン!と、雷鳴が1発鳴り響いた。 え? カミナリ?? 今日は晴れて暖かくなり、夜もそれほど冷え込んではいない。 寒気と暖気の前線の境目あたりで雷雲が発生するんじゃなかったっけ? 音がした後、雨が降ってくる気配もなく、謎…

晩秋から初冬へ

毎年、ある日の朝、起きてぼんやりと茶の間に座ると、隣の家のモミジが逆光を浴びて色鮮やかに目に飛び込んでくる借景もみじの日が突然やってくるのだが、今年は今日がその日だった。 何の加減なのか、紅葉は日に日に鮮やかになっているはずだし、逆光になる…

もふもふ

只今ふわりは、冬毛となり、もこもこです。

ねこやなぎイリュージョン

猛暑続きの夏から草刈りがままならないまま雑草が伸び放題となり、そうこうするうちに秋が来て、さらに冬の入口というかすでに年末が目の前になった先週の火曜日、自分の手には負えなくなった果てに、Kさんに草刈りをお願いすることにした。 Kさんとは、私…

冬枯れの前に

ふと気づいたら、庭の片隅に水仙の葉が相当の長さで伸びていた。 もう5年くらい前になると思うが、そのあたりに日本水仙の球根を植えたことがある。確か買った時は、植木鉢に花が咲いて売られていたものだったと記憶しているのだが、その後毎年春先・・・と…

会津 心の旅

毎週木曜日は、益子町のスターネット用のパンを焼いているのだけれど、先週は陶器市が開催されていたためにいつもの5倍くらいの数のパンを焼いた。それも、パン屋を開店した年からご縁を頂いているので、早くも今年で5回目となる。 毎年、それだけの数を小…

ふわりのあくび

ちょうどカメラを持って外にいた時に、ふわりがベランダに佇んでいたのでそっと腰を下ろしてカメラを向けたら、いつもなら毛づくろいに励んだままさっぱり顔を上げなかったり、私に近づいてきてしまったりしてなかなか写真を撮らせてくれないことが多いのに…

紫いも&バニラ

昨日、外出のついでに、「ベジダス」という小さな直売所に久しぶりに寄ってみた。 上三川町の何軒かの農園が共同で営んでいるようなのだが、種類は少ないものの、こだわりのある作り方で丁寧に育てられた野菜が格安の値段で売られている。 そこで、何かおい…

秋の日射し

庭にこぼれ落ちる光が、すっかり秋らしくなった。 光に透けて見える草の葉の、黄緑色がきれいだ。 イヌタデの花穂の色との対比が美しい。 ホトトギスも長いこと咲いている。 薄紫の花弁とそこにつく紫の斑点の模様。 それに、花や蕾の形も面白くて、この花は…

ふわり

今年6歳になる我が家のふわり。 去年あたりから子供っぽさが抜けてきて、ずいぶんと落ち着いてきた。 ひとなつっこさは相変わらずなのだが、以前はよくお客さまの目につくところにいてかわいがってもらっていたのに、最近はあまり目立つ場所に出ないで大人…

神無月

夕方5時の閉店後、片付けをしつつ外に出たら、空にくっきり三日月が。 2018年10月14日 17時28分 月齢5.2の月。 この時刻で、空のほの暗さの中にくっきりと見える。 一昨夜はついに、自宅でストーブを点けてしまった。 工房にもストーブを準備し…

紅玉

夕方近くなって、未開の地になっていた庭の奥の草刈りを決行したら、軍手がイノコヅチの種まみれになった。 5時半には薄暗くなってしまったので、1時間くらいのにわか作業だったが、日暮れの早さに秋の深まりを感じる。 そんな中、長野のりんご園に注文し…

イヌタデ

今年の猛暑で草刈りが思うようにできず、未だに未開の地となっている個所もある庭の、なんとか草が短くなっている地面の片隅で、イネ科の雑草やゲンノショウコに交じって、イヌタデが咲いている。 子供の頃から見慣れたこの小さな草を見ると、秋の涼しさと共…

秋草

先週、玄関近くの草刈りをしていたら、ナンバンギセルが咲いているのを発見! 寄生植物のナンバンギセルは葉緑素がないため、ススキなどの宿主から養分をもらっている。 去年の秋は雨がちだったためか、花がほとんど咲かずに終わってしまったように見えたの…

秋分

先週の火曜日くらいに金木犀の香りがするなぁと思っていたら、週末にかけて甘い香りがどんどん濃くなって、外に出るたびに、 もしや 世界中が金木犀の香りに包まれているのでは?というくらいに、空気の色合いが変わった。 私は人工的なにおいが苦手で、香水…

草花火

秋の雑草は、風情のあるものが多い。 風にそよそよと吹かれて、秋の気配を彩る。 名前を知らないのだが、庭にこんな草が生える。 穂の出方がおもしろくて、まるで花火みたいだ。 木漏れ日のなかで輝くと、「草花火」と呼びたくなるような景色を作る。 ゲンノ…

曼珠沙華

昨日蕾だった彼岸花が、今日は咲き始めた。 別名、曼珠沙華。

彼岸花

午前中に庭に出た時には何もなかったはずなのに、それから数時間後のお昼過ぎに再び外に出たら、 あれ? 彼岸花・・・ いきなり彼岸花の茎が伸びていた。 ・・・という気がしたのだが、午前中には見逃していたのだろうか? とにかく毎年、あっという間に地下…

ブログはご無沙汰しておりますが、パンは毎週焼いてます。

猛暑真っ只中の7月17日は、私の酵母記念日。 会津に住んでいた頃に、自分が食べたいと思うようなハード系のパンを売っているパン屋が身近なところになかったことがきっかけとなり、 だったら もう 自分でパンを作るしかない!と思い立ち、ブルーベリーで…

戻り蜂

巣を駆除した後に、軒先に頻繁に飛んできたスズメバチは、1週間を過ぎると本当に飛んでこなくなった。 あんなにしつこいくらいにやってきたのに、ぱったりといなくなった。 巣が無くなったことを悟り、どこへ飛んでいったのだろう。 戻り蜂がすっかりいなく…

ライ麦100%のパン

皆さますでにお気づきのことと思いますが、こちら、パンの話がほとんど出てこないパン屋のブログなのだが、今日はパンの話である。(えっへん) 昨日いらしたお客さまに、 100%のライ麦パンを食べたいのですが 作ってもらえますか?と言われ、 できなく…

真夜中に火星を見る

コンビニに行くこともほとんどない私が夜中にわざわざ外に出る、ということは皆無に等しいのだが、パン屋になってからは、真夜中に仕込みをしているので、自宅から工房に行くためのほんの十数歩ほどの道のりではあるが、外に出ることになる。 しばらくは曇り…

世界の“片隅”で、愛をさけぶ2

少し前になるのだが、あるテレビ番組で、北海道で鳥専門の獣医をしている方の密着取材をしていた。 鳥といっても、その獣医さんが関わるほとんどは、猛禽類、つまり、タカとかワシが多いらしいのだけれど、電線に止まって感電して落ちたり、交通事故にあって…

世界の“片隅”で、愛をさけぶ

雑事に紛れてなかなかできなかった玄関脇の草刈りを、ちょっとした時間のすきまにやっておこうかなぁと腰を上げて鎌を持って出陣したのは、先週の水曜日の夕方だった。 とにかくどこもかしこも草が伸び放題で、どこから手をつければいいのかわからなくなって…

ナナフシに出会う夏

先週の水曜日、外出する用があって外に出たら、 うわっ! びっくりしたぁ〜!! 勝手口を開けたすぐ脇に、こいつがいた。

オレンジの季節

今年も、バレンシアオレンジの季節が来た。

夏模様

昨夜、午前2時過ぎに起きるつもりで12時近くに布団に寝たら、 あれっ? 今 何時!?と、目が覚めたのが4時半だった。 あわてて仕込を開始したものの、終わったのは午前8時近く。 すっかり 明るいわ〜!と、窓から外を見てみたら、 おおー! 咲いた!! …

夏至

紫陽花の季節になった。

ブルーベリーを摘む時間

金曜日の営業時間のちょっとした合間に、ふと、 そうだ! ブルーベリーはどうなっているだろう?と思い出し、熟し始めた早生の木を見に行ってみると、いい感じに色づいた実が・・・ ある!!